うつ病にならないためにチェックをしておこう

正しい行動をしよう

レディ

愛する家族や友達がうつ病になってしまわないように、常日頃からチェックしておかなくてはなりません。また、日常会話や態度を把握しておくだけで防ぐことができるようになるでしょう。例えば、朝起きると毎日元気に挨拶していた方が、突然無言で起きてくることがあるなら、うつ病を疑ってみてもいいかもしれません。他にも、マイナスなことばかりいうようになったのなら、本人もとても辛い状態にあるので、厳しい言葉を投げかけるのは止めた方がいいでしょう。反対に「頑張れ」という言葉も本人を知らず知らずのうちに追い込んでしまう可能性があるので、あまりいい言葉とはいえないのです。何故なら、人の何倍も努力しているのになかなか結果が出せない場合、このような言葉をかけられると、期待に応えられない自分を責めてしまう傾向にあるのです。ですので、頑張れというよりは無理しないでなどの言葉を選んだほうがいいでしょう。こうした気遣いをするだけでも、本人の心を軽くすることができるので、うつ病患者にかけていい言葉とかけてはいけない言葉をチェックしておくのが賢明です。

家族や友人がうつ病と診断されたのなら、本人が望む環境を作ってあげるべきです。例えば、ベッドから起き上がれない程辛い症状が続くのであれば、無理に起こそうとせずに本人のリズムに合わせて対応するようにするといいでしょう。また、うつ病患者の中には、稀に仕事をしていないとうつになってしまうという方もいます。そういったケースであれば、会社を行くことを止める必要はありません。しかし、疲れた顔をしていないかチェックし、あまりに辛そうな顔をしているのであれば、一度病院に連れて行き、カウンセリングを受けるように促すといいでしょう。このように、臨機応変な対応をすることによって、本人の心を和らげることが可能になるのです。ですので、あくまでも本人がどうしたいのか意見を聞き入れるのが賢明といえるでしょう。

うつ病患者は元気がないことの方が多いので、心配して散歩や旅行に連れ出そうとしてしまいがちです。しかし、それは返って逆効果になってしまうので、名案とはいえません。例えば、1日の半分以上仕事をしていた人をご飯に誘うだけでもその人の体力を奪ってしまうでしょう。そうなると、ありがた迷惑でしかないので、自己満足に終わらせるのではなく、患者の意見に耳を傾ける事こそが早期回復する一番の手立てとなっています。そのような気遣いをする前にできることはたくさんあるので、うつ病患者にしてあげるべきことをチェックしておくといいでしょう。

うつ病と診断された方のほどんどが、正常に自分をコントロールできていない状態になりますので、退職や離婚などの重要な判断は本人に任せないことが大切な家族を守れる一つでもあるといえるでしょう。離婚においては、DVなどの命の危険が迫っていない限り、せかせるのはあまりいい手段とはいえません。そして、離婚という言葉を口に出すだけも夫婦関係を悪化させてしまう原因になってしまうので、安心できる実家に帰省するなどの手段を取るといいでしょう。他にも、職場が合わないからといってすぐに退職させるのではなく、長期休暇を取って症状が改善した時に、本人の意見を取り入れるのがベストです。正常な判断ができず、後で後悔するよりも、少し距離を置いてからものごとを決めるようにするといいでしょう。